別居中の生活費はどうすればいい?夫に請求することはできる?

夫婦 別居 相談

これまで生計を共にしていた夫婦が離れて暮らすことになった時、大きな不安要素の一つが生活費ではないでしょうか。

共働きであればまだしも、専業主婦(主夫)やパート主婦(主夫)であれば、自分自身の蓄えがない。1人で子供と生活していくだけの収入がない。という悩みもあると思います。

そうした思いから、中々別居に踏み切れないと悩んでいませんか?

でも安心してください。

別居中であっても生活費を夫(妻)から受け取ることはできます。これは法律で決まっている権利です。

生活費を夫婦で分け合うことを、法律用語で「婚姻費用の分担」と呼びますが、今回は、この婚姻費用の分担に関するルールや受け取れる金額について詳しく解説していきたいと思います。

別居中でも生活費は夫に請求できる!ただし、例外もあるので注意

チェック 離婚

まずは、法律では夫婦間の生活費に関してどのような定義をしているかご説明します。

別居をしても夫婦の生活費分担の義務はなくならない!

夫婦が一緒に暮らしていくために必要な生活費のことを、法律の世界では「婚姻費用」と呼びます。

この婚姻費用は、夫婦2人で分担しなければいけないという義務があります。これを婚姻費用分担の義務といいます。

具体的には、収入が多い方が少ない方に対して支払う義務が発生します。

たとえ、別居をしても離婚をしない限り、法律上は夫婦になるので、この婚姻費用の義務はなくなりません。

つまり、妻よりも夫の収入が高いのあれば、基本的に妻は夫に別居中の生活費を請求する権利があるのです。

不倫・浮気など別居の原因が自分にある場合は注意

ただし、例外もあります。

別居を考える際には何かしら夫婦関係が悪化する原因があったと思いますが、原因を作ったのが自分である場合は、婚姻費用の請求が法律で認められないケースがあります。

例えば、自分が不倫をして相手のもとへ出て行った時。

このようなケースでは、婚姻費用の請求は認めない、または減額されるという判例が過去にでています。

もし悪化原因がどちらかわからない場合、夫婦2人で合意に至らなければ、訴訟により裁判所が最終判断を下す形になります。

自分の場合はで婚姻費用を請求が認められるの?と心配な方は、法律のプロである弁護士に相談してみることをお勧めします。

別居中に貰える生活費の金額はどうやって決める?

お金 離婚 金銭

夫婦2人の話し合いで別居中の生活費の金額を決める場合には、とくに金額に関する規定はありません。

お互いが納得できる金額であれば、いくらでもあっても自由に決められます。

しかし、夫と話したくない・話せない、お互いに金額を譲らないなどの理由から話し合いがまとまらないケースは往々にあります。

そういう場合は、家庭裁判所に対して、あなたが婚姻費用の分担請求という申し立てをして、金額の取り決めや請求を行うことができます。

まずは調停で第三者の調停員の立会いのもと金額を話し合いますが、それでも決まらなければ、裁判所の審判によって支払いの命令や金額が決定することになります。

調停や審判では、裁判所が使っている婚姻費用の算定基準に沿って金額がきまります。

別居中の生活費の相場はいくら?算定表からみる子供の人数別の金額一覧

離婚 女性 主婦

 

算定表では、夫婦双方の年収と子供の人数によって生活費の相場が決まっています。一体、あなたの場合はいくらくらいが妥当なのでしょうか?

仮に調停・裁判まで至らなかったとしても、相場感を知っておくことで夫婦2人の話し合いが前進することがあるかもしれません。

ここでは子供の人数別の相場金額をまとめます。

なお、以下の表は、夫が会社員で妻が専業主婦の場合を想定しています。

夫が自営業の人や自分が働きにでてる人など、具体的なご自身のシチュエーションに応じて知りたい方は、裁判所の算定表で金額を確認してみてください。

夫の年収を知らない・・・という方はこちらが参考になります。

以下、子供の人数をクリックすると、該当する相場金額にとべます。

夫婦2人のみの場合

夫の年収 相場金額
200万円〜325万円 4〜6万円
325万円〜450万円 6〜8万円
450万円〜550万円 8〜10万円
550万円〜700万円 10〜12万円
700万円〜825万円 12万円〜14万円
825万円〜950万円 14万円〜16万円
950万円〜1,075万円 16万円〜18万円
1,075万円〜1,200万円 18万円〜20万円

子供1人の場合

【0歳〜14歳の子供1人】

夫の年収 相場金額
175万円〜250万円 4〜6万円
250万円〜350万円 6〜8万円
350万円〜450万円 8〜10万円
450万円〜550万円 10〜12万円
550万円〜650万円 12万円〜14万円
650万円〜750万円 14万円〜16万円
750万円〜850万円 16万円〜18万円
850万円〜950万円 18万円〜20万円
950万円〜1,050万円 20万円〜22万円
1,050万円〜1,150万円 22万円〜24万円
1,150万円〜1,275万円 24万円〜26万円

【15歳以上の子供1人】

夫の年収 相場金額
150万円〜250万円 4〜6万円
250万円〜350万円 6〜8万円
350万円〜425万円 8〜10万円
425万円〜525万円 10〜12万円
525万円〜625万円 12万円〜14万円
625万円〜725万円 14万円〜16万円
725万円〜825万円 16万円〜18万円
825万円〜900万円 18万円〜20万円
900万円〜1,000万円 20万円〜22万円
1,000万円〜1,100万円 22万円〜24万円
1,100万円〜1,200万円 24万円〜26万円
1,200万円〜1,300万円 26万円〜28万円

子供2人の場合

【0歳〜14歳の子供2人】

夫の年収 相場金額
150万円〜225万円 4〜6万円
225万円〜325万円 6〜8万円
325万円〜400万円 8〜10万円
400万円〜475万円 10〜12万円
475万円〜575万円 12万円〜14万円
575万円〜675万円 14万円〜16万円
675万円〜775万円 16万円〜18万円
775万円〜850万円 18万円〜20万円
850万円〜950万円 20万円〜22万円
950万円〜1,025万円 22万円〜24万円
1,025万円〜1,125万円 24万円〜26万円
1,125万円〜1,200万円 26万円〜28万円
1200万円〜1,300万円 28万円〜30万円

【15歳以上の子供1人、0歳〜14歳の子供2人】

夫の年収 相場金額
150万円〜225万円 4〜6万円
225万円〜300万円 6〜8万円
325万円〜400万円 8〜10万円
400万円〜475万円 10〜12万円
475万円〜575万円 12万円〜14万円
575万円〜675万円 14万円〜16万円
675万円〜775万円 16万円〜18万円
775万円〜850万円 18万円〜20万円
850万円〜950万円 20万円〜22万円
950万円〜1,025万円 22万円〜24万円
1,025万円〜1,125万円 24万円〜26万円
1,125万円〜1,200万円 26万円〜28万円
1,200万円〜1,300万円 28万円〜30万円

【15歳以上の子供2人】

夫の年収 相場金額
125万円〜225万円 4〜6万円
225万円〜300万円 6〜8万円
300万円〜375万円 8〜10万円
375万円〜450万円 10〜12万円
450万円〜550万円 12万円〜14万円
550万円〜625万円 14万円〜16万円
625万円〜725万円 16万円〜18万円
725万円〜800万円 18万円〜20万円
800万円〜900万円 20万円〜22万円
900万円〜975万円 22万円〜24万円
975万円〜1,050万円 24万円〜26万円
1,050万円〜1,150万円 26万円〜28万円
1,150万円〜1,225万円 28万円〜30万円

子供3人の場合

【0歳〜14歳の子供3人】

夫の年収 相場金額
125万円〜225万円 4〜6万円
225万円〜300万円 6〜8万円
300万円〜375万円 8〜10万円
375万円〜450万円 10〜12万円
450万円〜525万円 12万円〜14万円
525万円〜625万円 14万円〜16万円
625万円〜700万円 16万円〜18万円
700万円〜800万円 18万円〜20万円
800万円〜875万円 20万円〜22万円
875万円〜950万円 22万円〜24万円
950万円〜1,050万円 24万円〜26万円
1,050万円〜1,125万円 26万円〜28万円
1,125万円〜1,200万円 28万円〜30万円

【15歳月以上の子供が1人、0歳〜14歳の子供が2人】

夫の年収 相場金額
125万円〜200万円 4〜6万円
200万円〜300万円 6〜8万円
300万円〜375万円 8〜10万円
375万円〜450万円 10〜12万円
450万円〜525万円 12万円〜14万円
525万円〜600万円 14万円〜16万円
600万円〜700万円 16万円〜18万円
700万円〜775万円 18万円〜20万円
775万円〜850万円 20万円〜22万円
850万円〜950万円 22万円〜24万円
950万円〜1,025万円 24万円〜26万円
1,025万円〜1,100万円 26万円〜28万円
1,100万円〜1,175万円 28万円〜30万円
1,175万円〜1,275万円 30万円〜32万円

【15歳以上の子供2人、0歳〜14歳の子供1人】

夫の年収 相場金額
200万円〜275万円 6〜8万円
275万円〜350万円 8〜10万円
350万円〜425万円 10〜12万円
425万円〜500万円 12万円〜14万円
500万円〜600万円 14万円〜16万円
600万円〜675万円 16万円〜18万円
675万円〜775万円 18万円〜20万円
775万円〜850万円 20万円〜22万円
850万円〜925万円 22万円〜24万円
925万円〜1,000万円 24万円〜26万円
1,000万円〜1,075万円 26万円〜28万円
1,075万円〜1,175万円 28万円〜30万円
1,175万円〜1,250万円 30万円〜32万円

【15歳以上の子供3人】

夫の年収 相場金額
200万円〜275万円 6〜8万円
275万円〜350万円 8〜10万円
350万円〜425万円 10〜12万円
425万円〜500万円 12万円〜14万円
500万円〜575万円 14万円〜16万円
575万円〜650万円 16万円〜18万円
650万円〜750万円 18万円〜20万円
750万円〜825万円 20万円〜22万円
825万円〜900万円 22万円〜24万円
900万円〜975万円 24万円〜26万円
975万円〜1,050万円 26万円〜28万円
1,050万円〜1,150万円 28万円〜30万円
1,150万円〜1,225万円 30万円〜32万円

夫が別居中の生活費を払ってくれない時はどうしたらいい?

夫婦 喧嘩 妻 夫

夫が生活費の支払いを渋ることもありえます。

先ほどお話した通り、家庭裁判所に対して婚姻費用の請求申し立てを行うことで請求ができますが、「時間をかけたくない」「いきなり調停というのもちょっと怖い」と思うこともあると思います。

そんな時は、まず法律の専門家である弁護士に相談してみることをお勧めします。

弁護士が夫婦の間に入って、夫と支払いの交渉をしてくれることで夫婦間では頑なに支払いを拒んでいた夫が支払いに応じるというケースは少なくありません。

それでも夫が支払いを拒否するのであれば、調停の申し立てを検討しても良いと思います。

婚姻費用の分担請求を行う手順と流れ

婚姻費用の分担請求を行うには、以下の書類が必要です。

  • 婚姻費用の分担請求調停の申立書(ダウンロードはこちら)
  • 夫婦の戸籍謄本
  • 申立人(あなた)の収入証明書
  • 可能であれば、相手の収入証明書

収入証明書・・・源泉徴収票、給与明細、確定申告書etc

こちらを用意して家庭裁判所に提出することで申立が始まります。

申立がスタートすると第一回の調停期日が書かれた呼び出し状が夫婦双方のものに届きます。

申立からだいたい2週間程度で届き、開催は申立から1ヶ月程度になります。

その後は、お互いが内容に合意するまで話し合いの場が定期的にもたれることになり、折り合いがつかなければ審判に移動し、裁判所が婚姻費用を決定することになります。

別居を検討するなら生活費の分担制度を覚えておこう!

離婚 気づき ポイント

別居中の生活費が不安であと一歩が踏み出せないという方にとって、法律で生活費を受け取る権利があるというのは安心材料になると思います。

離婚前提の別居であれ、夫婦関係の立て直しを目的とした別居であれ、法律上の夫婦の義務は変わりません。

金額を考える際は、調停をするしない関係なく、裁判所の算定表を参考にしてみると良いと思います。