夫にバレずに年収を調べる方法と手順を解説!

お金 年収 

夫の年収がわからない。そんな時はどうすればいいのでしょうか?

「今後のために家計を把握しておきたい」「養育費の相場を調べたい」など、夫の収入を知らないと不安に感じる場面はありますよね。

夫が教えてくれればいいのですが、中々聞いても教えてくれなかったり、別居・離婚協議中でしっかり話ができなかったり、といった事情もあると思います。

そこで今回は、夫にバレずに年収を調べる方法を教えます。

夫の年収を確認できる書類には何がある?

書類 離婚 疑問

夫の年収がわかる書類は、以下の4つです。

  1. 給与明細・・・毎月1回発行。月給がわかる
  2. 源泉徴収票・・・毎年1回発行。年収がわかる
  3. 確定申告書・・・主に個人事業主または副業をしている会社員の夫がいる場合に使用。年収がわかる。
  4. 課税証明書・・・発行はされず請求の必要がある。年収がわかる。

会社員の夫で1.給与明細、または2.源泉徴収票が家で見つかる方は、そちらで確認するのが最も簡単です。

個人事業主・フリーランスや副業で毎年20万円以上稼いでいる会社員の夫の場合は、3.確定申告書の控えが家にあれば早く確認できます。

しかし、1〜3の書類がどこに保管してあるか分からないというケースもあると思います。

そのような場合には、「課税証明書」を取得する方法で年収を知ることができます。

課税証明書と聞いてもピンとこないかもしれませんが、簡単にいうと、住民税の支払い金額と年収がわかる書類です。

源泉徴収票や給与明細、確定申告の控えと違い、必ず送られてくるものではないので、役所で手続きを行う必要があります。次から詳しく解説します。

自治体で課税証明書を取得する方法

課税証明書を取得する方法をご説明します。

まず課税証明書は、大半の自治体で同居している家族であれば委任状なしで申請可能です。

同居しているご家族ならば委任状は必要ありませんが、窓口に来られる方自身の本人確認ができる書類等の提示が必要です。

それ以外の方が申請する場合は、委任状と窓口に来られる方自身の本人確認ができる書類等が必要です。

(大阪府寝屋川市HP)

ただし、自治体によっては家族の証明書でも委任状が必要なケースがありますので事前に確認してください。

Q.家族の課税証明書が欲しいのですがどうすればよいのですか。

回答.委任状と代理人の本人確認ができるものを持参して申請してください。

(東京都渋谷区HP)

申請には、以下の書類が必要です。

  • 本人確認書類(免許証、パスポート、保険証など)
  • 手数料(200円〜400円程度)
  • 税証明書交付申請書(特別区民税・都民税証明書交付申請書など名称は自治体によって異なります)

交付申請書は自治体HPまたは窓口で取得できますので、必要事項を記載し提出してください。

1点注意点としては、請求先の自治体は、1月1日時点に住んでいた自治体へ行ないます。

年途中に引っ越した場合、引越し先の自治体では課税証明書を発行していないので気をつけてください。

もし請求先が遠方の場合は郵送で取り寄せることも可能です。

別居中に貰える生活費や養育費の相場を調べる方法

離婚 妻 嫁 ポイント

別居中に貰える生活費(法律用語で「婚姻費用」と呼びます)や離婚後に貰える養育費はいくらになるの?と気になっている方もいると思います。

夫婦2人の話し合いで決める場合、金額は自由に設定できますが、裁判所では夫婦それぞれの年収と子供の人数に応じた金額相場を表にした算定表がありますのでこれを参考にしても良いと思います。

以下にモデルケースにおける養育費と別居中の生活費の目安です(モデルケースはひとり親世帯等の調査結果を参照しています。)

ご自身のシチュエーションに合わせて詳しく費用を知りたい方は、裁判所の算定表をご覧ください。

・3人家族(39歳夫会社員・34歳妻パート・4歳の子供)

・夫の年収・・・550万円

・妻の年収・・・100万円

  • 養育費の目安・・・4〜6万円
  • 別居中の生活費(婚姻費用)の目安・・・10〜12万円

離婚調停や訴訟に進んだ場合には、算定表に沿って金額が決まる形になります。

もし調停等になった場合は自分の収入も客観的に証明する必要があります。

その際、夫の課税証明書だけではなく、自分の課税証明書も取得しておくと証明として使えます。

専業主婦の場合は税金を払っていないので「非課税証明書」と呼ばれるものを取得しますが、取得手順は課税証明書と変わりません。

以下ではより詳しい養育費の相場を解説しています。

ご説明したように夫の年収は、課税証明書を取得すればわかります。

家族であれば取得は自治体にいって手続きすればすぐに貰えるので、夫の収入が気になっている方は調べてみてはいかがでしょうか。