家族のために働いてきたのに。仕事し過ぎで家庭崩壊した男性の話

モラハラ 妻 夫 喧嘩

結婚2年目で第一子が産まれ、家族を養うためにこれまで以上に仕事に没頭していた夫Dさん。

すると、夫婦の間で、次第に些細なことで喧嘩が増えるようになってしまいます。

収拾がつかなくなり、ついに離婚をすることになったDさんに、当時の心境を聞いてみました。

【離婚時のプロフィール】

  • 夫(Dさん):30代前半
  • 元妻:30代前半
  • 離婚までの結婚期間:5年以上10年未満
  • 子供:7歳と5歳の息子2人
  • 離婚種別:調停離婚
  • 親権:相手
  • 養育費:月6万円

仕事をしすぎて、家族の時間がとれなくなってしまった

別居 夫婦 離婚

Q.離婚を考え始めた原因は何ですか?

結婚して2年目に子供を授かり、家庭内は賑やかになりました。

妻が子育に追われる一方で、経済的負担の増した私は仕事に集中するようになりました。

しだいに夫婦間に距離ができてしまい、ちょっとした事でも言い合いになりました。

そんな状態がお互いの実家にも知れ渡ってしまい、実家との関係生が悪くなり人間関係がぎくしゃくして収集がつかなくなりました。

Q.離婚に至るまでの流れを教えてください。

夫婦間に亀裂が入ったので、少し距離を置くためにも妻が実家に戻り別居生活が始まりました。

しかし、お互いの実家で相手を悪くいう状態が続いたので、正式に離婚することに決めました。

離婚にあたっては後で金銭問題が原因となって揉めることを防ぐためにも、弁護士に依頼して調停を行うことにしました。

離婚調停の準備は、想像以上に神経を使い大変だった

離婚 弁護士

Q.離婚の中で最も大変だったことは何ですか?

職場には離婚調停を行うことを伝えてありましたが、仕事をしていてもそのことが頭から離れませんでした。

会社を休んで出廷しますが、調停員と話をすることは想像以上に神経を使いました。

離婚が成立するまでには半年近くかかりましたが、書類を書いたり自分の主張をまとめるのが大変でした。

Q.離婚後に元妻との間で何かトラブルはありましたか?

養育費は銀行振り込みで行っていましたが、振り込むのを忘れていたことがありました。

妻から連絡をもらって振り込む日にちを決めたのですが、たまたま忘れたのに支払う気持ちが無くなったのではと疑われ電話口で口論になりました。

子供達の心境や、ご近所から噂話が出るのではと心配だった

近所 離婚 

Q.離婚にあたって不安はありませんでした?

幼い子供は妻が実家で育てることになりましたが、親が離婚してしまうことで心に傷が残らないか心配することもありました。

また、妻の実家がわりと近所なので離婚後に出会った時に顔を合わせづらいですし、いろいろな噂話が出るのではと不安を感じました。

Q.最後に離婚してよかったと思いますか?

離婚する当事者だけのことを考えると、相性が合わなくなった時点で離婚は正解だと思います。

しかし、子供のことを考えると父親のいない子供にしてしまった後悔がありながら、悪い家庭環境から離れて良かったのではという気持ちが入り混じっています。