結婚前は尊重できた価値観の違いは、いつしか離婚のキッカケに

夫婦 喧嘩 話合い 言い合い

20代前半と若くして結婚したものの、1年未満にスピード離婚をしたSさん。

はじめは夫婦それぞれの考え方の違いに魅力を感じていたのですが、一緒に暮らしはじめてから、少しずつ価値観の違いに疑問を抱くようになっていきます。

Sさんに当時の心境と離婚に至るまでの経緯をお話しいただきました。

【離婚時のプロフィール】

  • 夫(Sさん):20代前半
  • 元妻:20代前半
  • 離婚までの結婚期間:1年未満
  • 子供:なし
  • 離婚種別:協議離婚

結婚1年目でスピード離婚。その理由は?

夫 悩み 離婚

Q.離婚を考え始めた原因は何ですか?

お互いの好きなもの、好きなことなど趣味をはじめとした、お互いの考え方・価値観のズレが生じたことです。

仕事もお互いに忙しく、コミュニケーションをとる時間が少しずつへっていきました。

最初はお互いが尊敬できる関係性で、それぞれにしかないものが魅力だと思い生活をしていましたが、少しずつそれぞれにしかない考えや価値観に疑問を覚え始めていきました。

お互いに子供も現状は作る必要はないという判断になったのでこのまま関係を続け居ていくのは難しいということで離婚に至りました。

Q.離婚に至るまでの流れを教えてください。

お互いに別々の道を歩みことを決めるまでに、何度も今後について話し合いました。

一度は別々で生活をすることで、もう一度生活を共にするべきかそれぞれが考えました。

しかし、元の生活を歩んでいくという結論には至らなかったため、話し合いを重ねた結果、離婚することになりました。

どちらかの一方的な考えではなく、お互いの話し合いの上で、納得し別々の道を歩みという決断を出しました。

その後市役所に離婚届を提出し、離婚成立となりました。

転職したばかりで、今まで通りの生活ができるのか不安だった

仕事 夫 転職

Q.離婚にあたって不安はありませんでした?

もともとお互いが転職を考えていて、まさに新天地で働きだしたばかりのころの出来事だったので、金銭的に将来が不安でした。

これまではそれぞれの給料があったので、家賃や光熱費なども折半出来ていましたが、それぞれが一人暮らしをすることがはじめてだったので、一人分だけの収入でこれまで通りの生活をしていけるのかどうかが一番不安でした。

それまでは片方の持ちビルに住んでいたため、家賃の支払いはほとんどありませんでした。

Q.離婚前にしておけばよかったと思うことはありますか?

貯金をしておけばよかったと思います。

まだ若い年齢でしたので、趣味や遊びにお金をつかっていてほとんど貯金をしていませんでした。

今度のことを考えると、新しい住居や引っ越し代、家電などにお金が多くひつようになるので、準備しておくべきだと感じました。

ただ、ある程度新しい家を借りるにも保証人が必要ということはしっていたので、事前に保証人が必要ないアパートをピックアップしておいたことは、今考えると下調べしておいてよかったと思いました。

結婚式直後の離婚だったため、周囲に中々伝えられなかった

結婚式 離婚

Q.離婚の中で最も大変だったことは何ですか?

周囲の人に話をすることが大変でした。

結婚式をした直後の離婚でしたので、出席してくれた人になかなか話を切り出すことができませんでした。

時間がたつにつれ、仲の良い友達から少しずつ話をしていくうちに、話せるようになりました。

ありがたいことに、自分の次のステップを応援してくれる人ばかりでしたので、安心して話をすることができました。

最初は罪悪感がありなかなか話を切り出すことができなったので、ストレスもたまり、今の環境に至るまで時間もかかりました。

Q.最後に離婚してよかったと思いますか?

当時は将来が不安で、このまま一緒にいても子供ができることも想像できませんでした。

価値観の違いというのは時間がたっても解決できるものではないと思うので、別々の人生を歩みことで、将来性が見えて不安がすくなくなったと思っています。

現在では別々に新しいパートナーと幸せに暮らすことができているので、結果的に良かったと思っています。

離婚を経験することで、学ぶこともおおく、失敗をすることも少なくなったように思います。