意見は一切許さない!モラハラ夫との壮絶離婚エピソード

離婚 女性 苦しみ 悲しみ 妻

モラハラ夫との離婚は簡単なものではありません。

今回は、モラ夫と離婚をはたしたMさんのエピソードです。

意見・反論は一切許さなかったというMさん。別居から離婚成立までの期間もモラハラ夫の執拗な攻撃は続きます。

当時の詳しい状況についてお話を伺ってみました。

【離婚時のプロフィール】

  • 妻(Mさん):20代後半
  • 元夫:30代後半
  • 離婚までの結婚期間:3年以上5年未満
  • 子供:3歳の子供1人
  • 離婚種別:協議離婚
  • 親権:自分
  • 養育費:月5万円

子供のための貯金、児童手当を使い切る夫。それでも反論は許されない

疲れ果てる妻 離婚

Q.離婚を考え始めた原因は何ですか?

金銭感覚が合わず、あればあるだけ使ってしまうという人で、後先考えない人でした。

月、最低限の金額だけ受け取り、残りは好き勝手使い、子供のためにした貯金にも手を出して、児童手当など全て内緒で使われていました。

その中で私は元旦那の親の介護を押し付けられ、していました。

自分の意見を言う事も許されず、子供がいるのに、お前は毎日暇だから!楽な生活してるから!と言われ続けやってきましたが、借金が発覚し、もう限界になり離婚しました。

Q.離婚に至るまでの流れを教えてください。

子供が1歳前から、モラハラが始まり少し離れたいと思うようになり、でも思うようにはいかず、ずるずると流れ子供が2歳後半から子供への態度、言葉も変わり始めた事と金銭感覚のズレから離婚を考え始め、何度話し合っても変わらず、そこへ借金が発覚し、少し別居をしましたが、開き直りこれからどうするの?と言われ、そんなに嫌なら離婚した方がいいんじゃない?と向こうからの言葉に私の中で決心がつきました。

色々言い訳をされましたが、そこからは抵抗する事もなく離婚になりました

別居中もモラハラ夫からの攻撃は続く

夫 旦那 妻 攻撃

Q.離婚の中で最も大変だったことは何ですか?

言葉の暴力や離婚という言葉を私から切り出してからの開き直りと共に様々な事を言われ、別居中も色々なメッセージが送られてきたりと、精神的にボロボロになりました。

荷物を運び出す時も1人ではどうしようとなく、親にお願いし付き添ってもらったりと、私1人ではやはり相手は男なので力では負けてしまいますし、思うようにいかず、あらゆる手を使われて、離婚届にサインを貰う前では心身共にとても疲れましたし、二度と経験したくない心労でした。

Q.離婚にあたって不安はありませんでした?

金銭面と子供のことです。

金銭面は専業主婦でしたし、私の貯金も全て使われてしまっていたので、0円でした。

そこからどうしてやっていけばいいのか、まだ保育園にも入れていなかった為、とても不安でした。

後は子供にとって父親がいなくなってしまう事です。

成長するにつれ、理解してくれる時がくると思っていましたが、周りのお友達にはパパがいて、どんなにママといてもパパという存在には変われないので、寂しい思いをさせるのではと不安でした

Q.最後に離婚してよかったと思いますか?

モラハラからは解放されて、金銭的にも自分で働きやりくりしていけるようになり、金銭面で余裕がなくても自分に少し余裕が出来たのでそこはよかったのかなと思います。

でも子供が幼稚園に行くようになり、やはりパパの存在を欲しがる時期になり、パパに会いたいと口にするようになりました。

幼い記憶ながらにも一緒に過ごした家の記憶はあるようで、いつお家に帰るの?いつパパのところに戻るの?と言われるようになり、子供にとっては、とても残酷な事をしてしまったのだと痛感しています。