宗教を強要する義母と夫についていけず、離婚を考えるようになりました

離婚 悩み 女性

宗教活動に熱心な夫と義家族。

それ自体は我慢できたのですが、義母からの執拗な宗教勧誘がきっかけで、義母と夫に対して心の距離が生まれ、夫とはセックスレスになり、徐々に離婚を意識するようになったそうです。

今回は離婚に至った経緯と、離婚手続きを始めてから発生したお金の問題について、具体的にお話を伺いました。

【離婚時のプロフィール】

  • 妻(Oさん):30代前半
  • 元夫:30代前半
  • 離婚までの結婚期間:5年以上10年未満
  • 子供:5歳の男の子と3歳の女の子
  • 離婚種別:協議離婚
  • 親権:自分
  • 養育費:月6万円

出産後すぐ、義母に宗教の試験を受けるように強要されました

悩み 女性 

Q.元夫との出会いから結婚に至るまでの流れを教えてください。

転職した配属先で出会いました。

当時私は浮気性だった彼氏と同棲中でした。

そんな時に仕事終わりに同僚たちとご飯に行ったりしながら会う機会も増え、メールのやり取りをするようになり気づけば毎日連絡をとる仲になりました。

当時の彼氏と別れようか悩んでいた時に彼に告白され付き合い、そこからは彼の家に上がり込み一緒に同棲を始め、そのまま結婚でした。

彼の実家はかなり熱心な宗教一家でした。

別れようかも悩みましたが結婚相手にこの先で会える気がしなくそのまま結婚してしまいました。

Q.離婚を考え始めた原因は何ですか?

初めて離婚を考えたのは義母に無理やり宗教の試験を受けろとお願いされた時でした。

その時は2人目の子供を出産したてだったのでゆっくりしたかったところですが、時間ある今しか出来ないと押され渋々、あの時ほど嫌な気持ちはありませんでした。

また、出産時に元夫が起業したいと急に会社を辞めてきたりなど、私に対しての相談や思いを聞く場面が全くない状態で、この先この人とは一緒にいられないなと悩みました。

その時からだんだんセックスレスにもなり元夫に触れたいという気持ちも無くなってしまいました。

背後に宗教があることや、その先の宗教が絡んできてしまうことを想像すると関わりたくないという思いでいっぱいになってしまいました。

息子の就学を控えた時に息子と娘の将来のことをたくさん考えました。

この2人が宗教のせいで我慢しなくてはならないことがこの先あったり、偏見の目で見られてしまってはどうしようというおもいでたくさんになってしまい、私も現実逃避をしてしまいました。

その時にはもう今年中に旦那とは離婚しようと思う決意はとても硬かったです。

息子や娘が冠婚葬祭で自分のやりたいことが出来ないという状況にだけはしたくないと強く思いました。

住宅ローンが残っている自宅の売却に、予想以上に時間がかかった

養育費 離婚

Q.離婚に至るまでの流れを教えてください。

離婚の話が出てからは子どもたちもいるので家庭内別居にしようと提案が旦那から出ました。

でも私はそれでは意味が無いと強い気持ちがあったので離婚したいと話しました。

考えがまとまるまで約1ヶ月間別居状態をキープしてきました。

建売の家を購入していたので売却するための手続き等もあり、話してから半年後にようやく離婚をすると決まりました。

その間は旦那は自分の新しい家や家電を全て揃えていたり、私は売却のことで動いていたのでローンの審査等に時間がかかり、なかなか思うようには行かないこともありましたが半年後にようやく離婚届をお互いに記入し提出することが出来ました。

ここまでの間かなりの申請や手続きがあったのを覚えています。

Q.離婚交渉で最も苦労したことは何ですか?

養育費です。

やはり2人を育てるという意味ではそれ相応の額を貰いたかったのですが、初めは養育費として自分で子どもたちに積み立てるなどと言われどうしようかと思いました。

しかし、役所などにも相談をし養育費のぎむをしっかり理解してもらいなんとか金額を出してもらうことが出来ました。

正直なんの足しにもならない養育費ですがもらえるだけありがたいと思うしかないのかなと心に留めています。

財産分与に関しても慰謝料代わりだと2人の貯蓄から勝手に家電を買われ、その残りを2人でわけました。

売却した自宅の残債問題。シングルマザーはローン審査が大変だった

家 貯金 お金 節約

Q.離婚の中で最も大変だったことは何ですか?

私自身が一人暮らしも経験がなかったのでまずは新居探しでした。

子ども2人と犬を飼っていたのと息子の学校選びもあり地域を搾って探すのはとても大変でした。

また、あとは売却した家の残債の支払いでした。

旦那が自営業扱いでしたので銀行ローンに通るのも難しく私もシングルマザーなのですぐにローンは通らずかなりてこずりました。

何度も何度も銀行に足を運びかなり苦痛でした。

通った時はとても安心しました。

そのあとは引越し準備も1人で取り組んでいたので掃除等は大変でした。

なるべく荷物を少なくするために断捨離をしたりと時間のある限り準備を進めました。

Q.離婚にあたって不安はありませんでした?

やはり不安だったのは金銭面でした。

今までは旦那とわたしの給料での生活でしたし、私自身一人暮らし未経験なのでアパートでの暮らしの光熱費なども想像つかず、周りの友人たちに過去の光熱費を聞いたりしながらなんとか生計を建てれるように計画立てていました。

暮らし始めて最初の光熱費が来るまで不安とドキドキがすごかったです。

電気のアンペア数も一戸建てと違うので初めはすぐブレーカーを落としてしまっていました。

現在は慣れて節約しています。

シングルマザーが使える助成金や手当てを離婚前に調べるべきだった

娘 息子 子供 

Q.離婚前にしておけばよかったと思うことはありますか?

とくに準備しておけたことが全くなかったので、しておけば良かったなと思うことばかりです。

例えば旦那側の銀行口座に貯金をしていたことがかなり失敗でしたので、別居前に半分ずつ写しておけばよかったなと思いました。

離婚前に地区の子育てなど、色々なところに相談をしに行き、シングルマザーにとってとても助かるサービスなどをもっと把握しておけばよかったなとも思いました。

とにかく全てはお金のことなのかなとは思うので自分用にしっかりと貯金をしておくことが何かあった時のためにいいのではないかと思いました。

そこが少しでもプラスだと気持ちもかなり違ったと思います。

Q.最後に離婚してよかったと思いますか?

子どもたちにはとても寂しい思いをさせてしまっています。

ですがそのぶん自分がたくさん楽しませたいとアクティブになることができたし、仕事も頑張ろうと思えるようになりました。

また、宗教から抜けることが出来たことでお正月に神社へ行ったりと制限されていたことも普通にでき子どもたちも楽しむ姿が嬉しいです。

将来に偏見などで困らせたりなやませたり傷つけることも無くなったので、よかったです。

宗教が悪いのではないのです。

それを押し付けてしまう家族たちの姿が私には耐えられませんでした。