サーフィンが理由で離婚。家庭や子供より海を選んだ元夫

離婚 女性 1人 悩み

サーファーだった元夫。

結婚生活中も、元夫はサーフィンが生活の中心で、家事や子育てについては一切手伝ってくれなかったそうです。

そんな彼に対して嫌気がさしていた妻Nさんですが、離婚を切り出してきたのは元夫からだったそうです。

「家族に気兼ねなく、もっとサーフィンがしたい」

その言葉に愕然として、元妻は離婚に応じたそうです。

【離婚時のプロフィール】

  • 妻(Nさん):30代前半
  • 元夫:30代前半
  • 離婚までの結婚期間:1年以上3年未満
  • 子供:2歳の娘
  • 離婚種別:協議離婚
  • 親権:自分
  • 養育費:月3万円
  • 慰謝料:250万円

子育て・家事を全然手伝ってくれない。趣味のサーフィンを最優先

娘 子供 女の子

Q.元夫との出会いから結婚に至るまでの流れを教えてください。

部や年齢は違いましたが、会社内の飲み会で出会いました。

猛烈にアタックされ、話がとても面白かったのと、当時誰とも付き合っていなかったこともあり付き合うことになりました。

彼がひとり暮らしを始め、長い時間一緒にいても楽しかったこと、食の好みが合うこと、年齢的にもお互い適齢期だったこともあり、トントン拍子に結婚することになりました。

付き合い初めて1年位だったと思います。

ご両親がとても優しかったことも決めてになりました。

Q.離婚を考え始めた原因は何ですか?

引っ越し当日、ぞうきんを一緒に買いに行くか行かないかでもめました。

私は分担して作業したほうが早いので、どちらか一人が買いに行けばいいと思ったのですが、それはおかしいときつく責められました。

結局私がひとりで買いに行ったのですが、良いタイミングで母から電話があり、泣いてしまいました。

母にはばれないようにしましたが。

その時は離婚は考えませんでしたが、生まれ変わっても絶対今の夫とは結婚しないと思ったのと、結婚ていいもんじゃないな、と思ったのを覚えています。

結婚してすぐに妊娠していることがわかり、出産までは割と幸せでした。

子供が産まれてからも毎日お見舞いに来てくれました。

しかし、家に子供と帰ったら、育児のギャップがあったのか、面倒は全くみないし、家の手伝いも全くしない、会社帰りにオムツを買ってきてと言ったらかっこ悪いから嫌だと拒否されました。

そのうちに、夫は学生時代にやっていたサーフィンを復活させました。

最初は土曜日の午前中だけだったのが、友達を誘って一日中になり、日曜日も行くようになりました。

高額なサーフィン道具を買ったり、バリにサーフィンしに行きたいと言ったり、サーフィンの板が置けないからとチャイルドシートを外してしまったりとあきれる行動が多くなり、結婚を後悔し始めました。

私が熱を出しても飲みに行ってしまったり、食事を用意したのに外食しようと言ったり、部屋に好きなものを飾らせてもらえなかったり、酔っぱらって帰ってくると私が寝ているのに絡んできたり、嫌なことを一気に思い出した瞬間がありました。

きっかけはやはり、お金も時間もサーフィンに捧げたことです。

そして、子供の面倒を全く見てくれませんでした。

かわいいとは思ってくれてはいたと思いますが、離乳食をあげたり、オムツを替えたり、何より一緒に遊ぶということをほとんどしてくれませんでした。

当然子供と二人で留守番をし、私一人の時間を作ってくれる、なんてことは全くありませんでした。

それに引き換え、平日仕事を頑張ってくれているので、サーフィンくらいやらせてあげようという私の気持ちに感謝もせず、土日両方遊びほうける夫が嫌になりました。

親に内緒で離婚したい。最後まで自分勝手だった夫

嫁 うんざり 離婚

Q.離婚に至るまでの流れを教えてください。

離婚は夫から突然切り出されました。

私と子供に気兼ねせずにサーフィンがしたいと言われました。

しかも、親には内緒で離婚したいといいました。

正直あきれましたが、子供のために離婚したくないと一応言いました。

しかし、言い出したらきかない性格なので、受け入れて貰えませんでした。

しかも、サーフィンが理由ではまずいと思ったのか、性格や価値観が合わないと取ってつけたように言い始めました。

私も、正直日頃の金遣いや家事・育児を全く手伝わないこと、サーフィンにのみお金と時間をかける生活に嫌気がさしていたので、気持ちを切り替えてすぐに”いいよ、いつ出ていけばよい?”と聞きました。

夫は驚いていましたが、心はすぐに決まりました。

Q.離婚交渉で最も苦労したことは何ですか?

財産分与というか、慰謝料という形でお金を貰ったのですが、当初の金額よりも50万少なくなりました。

結婚しているときは50万なんてすぐ稼げる、なんて言っていたのに、50万は大金だ!と言い出して値切ってきました。

面倒くさいので了承しましたが、最後に器の小ささを見せられて嫌な気持ちになりました。

あとは、夫の両親が離婚に反対だったため、少し大変でした。

私に至らないところがあったんじゃないの、と言われ悲しかったです。

仕事のブランクに加えて、子育てとの両立できるか不安だらけ

女性 離婚 悩み 仕事

Q.離婚にあたって不安はありませんでした?

私の親が実家に帰っておいでと言ってくれたので、大変助かりました。

ただ、子供がまだ2歳と小さく、私にべったりで離れなかったため、新しい家に慣れるのか、保育園でやっていけるのか、そして私は働きに出られるのか不安でした。

仕事もブランクがあったため、一生働いて食べて行かれる正社員の仕事があるのか、残業が出来なくても雇ってくれる会社があるのか不安でした。

前職は残業の多いシステムエンジニアだったので、同じ職種で働くことは難しかったため、職探しが不安でした。

Q.離婚の中で最も大変だったことは何ですか?

子供が新しい環境になかなか慣れなかったことがまず大変でした。

どこにいくにも私の後をついてきて、見つからないとぎゃぁぎゃぁ泣きました。

また、65歳以下の親と同居だったため、認可の保育園に入れる事が当時できなかったため、保育園探しに苦労しました。

結局良いところがなかったのと子供が不安定でしたので、1年半ほど無職で子育てに専念し、翌年幼稚園に入れることにしました。

送り迎えを母親がやってくれると言ってくれたため、とても助かりました。

ただ、仕事探しは前職が専門的だったため、残業なしの仕事を探すのに足かせとなり、なかなか決まりませんでした。

結局正社員はあきらめ、残業無しの派遣をやることに決めました。

子供の面倒と職探しにとても苦労しました。

Q.離婚後に元夫との間で何かトラブルはありましたか?

娘を不憫に思い、養育費とは別に夫の両親が私が就職するまでの間、お金をくれていました。

もちろん私から頼んだわけではなく、完全に厚意によるものでとてもありがたかったです。

全額娘の名前で貯金してあります。

ところが、それをしった元夫が養育費も貰っているくせに図々しいと怒りのメールを私に送ってきたのです。

夫の父がうっかり夫に喋ってしまったらしく、それを聞いて烈火のごとく怒ったのです。

怒りのメールは過激で、今思い出しても吐き気がします。

夫の両親に言いつけたため、なんとか収まりましたが、後味悪く顔も見たくなくなりました。

公証役場で公正証書を作っておいて本当によかった!

公正証書

Q.離婚前にしておいてよかったと思うことはありますか?

公証役場で公正証書を作成したことは良かったと思います。

養育費を幾らでいつまで払うということや、面会の権利など、証拠となる資料を作成し残すことで安心感を得ることができました。

公正証書の作成については、夫の両親が助言してくれました。

娘をとてもかわいがってくれていたのと、離婚理由があまりにも夫のわがままからきているものだったため、最終的には夫の両親は私たちの味方をしてくれました。

義理の両親と仲良くしていてとても良かったと思いました。

しておけば良かったことは、子供の年齢が上がるとともに養育費も上げておけば良かったと思いました。

中学・高校が一番お金がかかるのに、幼稚園と同じ金額ではとても足りませんので・・・。

大学や高校の入学金も払ってもらう、とかも決めておけば良かったと思いました。

Q.最後に離婚してよかったと思いますか?

私個人としては離婚してとてもすっきりしました。

面白い人でしたが、優しくなく、1を言うと1000くらい返してくる人だったため、常に不満をためんで吐き出せずにいる状態でしたが、それから解放されてのびのび暮らすことができるようになりました。

私、母、祖母に囲まれ、娘ものびのび育つことができ、父親の話はほとんど出ずに育つことができました。

ただ、成長するに従い、自分のルーツを知りたくなったのか、実の父親について質問してくるようになりました。

その時に、娘のためには離婚しないほうが良かったのではないか、と思うことがあります。