マッチングアプリで結婚した夫の正体は、束縛モラハラ男だった

女性 男性 喧嘩 呆れ

今の時代、マッチングアプリをきっかけで付き合うカップルは、とても多いです。

今回お話を伺った30代女性Fさんも、マッチングアプリtinderで彼と出会い、そのまま結婚をしました。

その彼が結婚後に豹変。

妻Fさんの行動を執拗に把握したがり、ありもしない浮気の疑いをかけてきては、人格否定するような言葉を投げかけてきたそうです。

【離婚時のプロフィール】

  • 妻(Fさん):30代前半
  • 元夫:20代後半
  • 離婚までの結婚期間:1年未満
  • 子供:なし
  • 離婚種別:協議離婚

マッチングアプリで出会った彼から、半年後にプロポーズ!

夫婦 喧嘩 話合い 言い合いQ.元夫との出会いから結婚に至るまでの流れを教えてください。

元夫とはtinderで出会い、1ヶ月で付き合って半年でプロポーズ、その3ヶ月後に入籍とトントン拍子に進みました。我ながらびっくりのスピード婚です。

当時26歳と30歳で、元夫の方は大企業勤務、私は看護婦。

元夫は特段かっこいいわけでも頭が良いわけでもありませんが、周囲は第一次結婚ラッシュで波に乗りたかったこともあり、半年後に挙式を見越して一緒に生活を始めました。

わたしは念願の寿退社を決めて、晴れてプレ花嫁になりました。

Q.離婚を考え始めた原因は何ですか?

結婚して2ヶ月、これまで通り友人と飲み行っていたところ、妻としての自覚が足らない、浮気しているんだろう、と心にもないことを言われました。

家事はしっかりしているし、自分のお金を使っているし、非常識な時間になることもないのに…とても不快でした。

元夫は「浮気をしてるんじゃないか」としつこく、私の人格を否定するような言葉を何度も投げかけてきました。

また、夜になってコッソリ私の通帳や持ち物を確認したり、携帯を見ようとしてきました。

恐怖と悲しさがいっぱいになり、私は実家に帰りました。

実家に帰って、ひょっとすると自分の行動も軽率だったのかもしれないと反省しましたが、これが何十年も続くと思うと耐えられませんでした。

実家に帰ったところ、夫が何度も電話やメールで謝ってきたのですが、私の心は完全に覚めていました。

しかしいつまでも実家にいるわけにもいかず、周囲からもやり直してみることを勧められ、頭を下げる夫のもとに帰ることにしました。

ただし4ヶ月後に迫っていた挙式については、私の方はとても準備を進められる心境ではなく、揉めに揉めた結果、50万円のキャンセル料を支払って辞めることにしました。

その後も夫は嫌味を言うことをやめず、私は計画的に荷物を持ち出して実家に引き上げることにしました。

結婚するのが早すぎた。結婚前に同棲をしておけばよかった

離婚 妻 悩みQ.離婚に至るまでの流れを教えてください。

友人や家族の助けを得ながら、夫が勤務中に家を抜け出しました。

飼っていたチワワも連れて来ることにしました。

帰宅した夫は、荷物ごと私がいなくなっていることに気づき、離婚には応じない!と騒ぎました。

そこから1ヶ月かけて、私の兄や元義母の助けを借りながら、今後どうやっても一緒に生活するのは無理だと言って離婚に応じてもらいました。

幸いにも弁護士を立てる前に夫が折れてくれたので、大ごとにならずにすみました。

しかし、双方の家族や友人、職場の人には多大なる迷惑をかけました。

特に、夫の職場の上司には入籍のお祝いにテレビをいただいたり、お義母さんに挨拶に行った時には満面の笑顔で喜んでくださったりしたことを考えると今でも心が痛みます。

Q.離婚交渉で最も苦労したことは何ですか?

夫の説得です。

私にはもうやり直す気はないと言っても、そんなことやり直してみないと分からないと言って聞いてくれませんでした。

入籍までに、1年は付き合ったり同棲したりして様子を見ていれば…。もっと入籍前に色んな人に紹介して意見を聞いて、冷静に判断できていれば…。tinderで会って1年も経たない、お互いの良いところと悪いところをよく理解できていない段階で入籍してしまった。

これは人生最大の、痛恨のミスでした。

夫は心を病み、遺書のようなものを書いて机に置いていったり、精神科に通ったりしたようです。

Q.離婚にあたって不安はありませんでした?

夫が離婚に応じてくれないのでは、と不安でした。

直接言っても話が通じなかったので、共通の知り合いに間に入ってもらったりしました。

双方の身内に法律に詳しい人がおり、万が一調停を行うことになる場合に備えて情報収集を行いました。

弁護士の無料相談では、別居中に婚姻費用を取れるという入れ知恵を頂きましたが、何よりも早期離婚を優先したかったので、要求しないことになりました。

入籍と同時に前職を辞め無収入でしたが、専門職なので職探しに苦労はしなさそうでした。

なかなか離婚に応じてくれない夫を、兄が説得してくれた

再婚 夫婦 女性 男性Q.離婚の中で最も大変だったことは何ですか?

夫の方は、職場の人への説明が大変だったと想像します。

散々上司の方に相談して励まされていたので…。

私の方は、親戚と友人だけに報告を済ませ、看護婦としての再就職を決めるだけ。清々しく、この上ない開放感に溢れていました。

離婚から2週間で再就職し、自分が心から好きだと思える人と遠距離恋愛を始めました。

バツイチであることを言うのに躊躇しましたが、今の彼はそんな私ごと優しく受け入れてくれる器の大きな人です。

今度こそは、表面上の肩書や形に捉われることなく、勢いに押されることもなく、ゆっくりと愛を育みたいと思います。

Q.離婚前にしておいてよかったと思うことはありますか?

夫にされたこと、言われたことは逐一友人にLINEで報告していました。

LINEは遡って検索できるので、離婚したい理由を順序立てて説明する時に役立ちました。(分かってもらうのに時間がかかりましたが…)

それから、最後は私の兄が活躍しました。「大切な妹が、これだけ離婚したいと言っている。失礼なことは承知の上だが、どうか応じてやってくれないか」と頭を下げてくれました。今まで見てきた兄の姿の中で、1番かっこいいと思いました。

離婚すると決めてから、2人きりで会わないようにしました。モラハラ的なことを言われるとダメージが大きいからです。

Q.最後に離婚してよかったと思いますか?

離婚して本当に良かった、この一言に尽きます。

早まって子供を作っていなくて本当に良かったです。

もし子供がいたら、元夫の暴言や叱責に耐えながら、何十年も一緒に過ごさなくてはいけなかったでしょう。