旦那の浮気を許すつもりだったのに、旦那から離婚を切り出されました

離婚 喧嘩 夫婦

結婚してから、些細なことがきっかけで夫婦喧嘩が絶えなかったという妻Sさん。

互いの信頼関係はどんどん崩れ、もうこんな生活は限界だと、夫の方から離婚を切り出したそうです。しかしSさんは、この程度のことは夫婦で乗り越えるべきと、当初は離婚に応じませんでした。

そんな夫婦が離婚に至るまでのエピソードを妻のSさんから詳しく伺いました。

【離婚時のプロフィール】

  • 妻(Sさん):20代後半
  • 元夫:20代後半
  • 離婚までの結婚期間:1年以上3年未満
  • 子供:なし
  • 離婚種別:協議離婚

度重なる夫婦喧嘩。夫から「もう限界。離婚したい」と言われた

モラハラ 妻 夫 喧嘩Q.元夫との出会いから結婚に至るまでの流れを教えてください。

元夫は、大学のサークル仲間と合コンしたときに出会いました。

2歳年下でしたが、とても大人っぽく、当時とてもかっこよいと思い、何度か2人で遊びに行って付き合うことになりました。

当時学生同士で、順調に交際を続け、お互いが社会人になっても特に問題なく交際は続き、相手が働き始めて2年程経った頃、結婚に向けて二人で貯金をしていたのですが、それが目標額まで溜まったので結婚を決めました。

プロポーズもしてもらい、指輪も買ってもらい、とても幸せに結婚へ向けて準備ができると思っていました。

Q.離婚を考え始めた原因は何ですか?

相手に対して不信感も強まり、元々喧嘩は多かったのですが、それでもまた喧嘩が増え、もめるたびに大きくもめることが増え、元旦那の方からもう限界だから離婚をしたいと切り出されました。

私はそれでも結婚生活を続けたかったので、なんとか粘れないかと色々と働きかけましたが、元旦那の意思は固く、それならば一度離れてみて時間と距離を置いてもう一度考えようとなり、私は実家へ帰りました。

その後、半年程度別居をしていましたが、相手の意思は変わることはなかったので、私が折れる形で渋々離婚へと話を進めていくということになりました。

きっかけとなったものは、今思えば元旦那の浮気と、義実家への不信感からくるものだと思います。そのことで信頼関係は崩れ、人間関係が崩れたのがきっかけではないかと思います。

結局は相手が離婚したいという意思が崩れなかったということになります。

私は、一度結婚したのだから、このくらいの事で離婚はしてはいけないと思っていたので、何とか結婚生活を続けたいと元旦那に働きかけました。

しかし、元旦那は全く話を聞いてもくれず、私とのかかわりを早く断ちたいといった感じになり、まるで別人になったかのように人が変わってしまいました。

その姿を見ているうちに、もういいや、と諦めがついてきて、離婚を決意しました。

好きで結婚した相手と、離婚を通して争うのが辛かった

離婚 悩み 女性Q.離婚に至るまでの流れを教えてください。

元旦那から離婚したいと切り出され、私は2,3日は拒否していましたが、とても一人で抱えきれず両親へ相談しました。

すると親から実家へ帰ってくるように言ってもらい、しばらく別居をするということになりました。

別居中も何度が連絡はとるのですが、必要最低限の連絡はとらず、会う時も必要最低限の会話はせずといった生活を半年程度続け、もう離婚は避けられないと判断し、私の方があきらめるといった形で離婚へ向けた話し合いを進めていくことになりました。

話し合いは2人が住んでいた賃貸アパートで両者の父親を交えて行う事が多かったです。

その際にお金の分割や、これまで貸していたお金を返金してもらうなどの手続きもしました。

無事にお金も返してもらい、離婚届けを書いて元旦那に渡し、役所へ出してもらいました。

Q.離婚交渉で最も苦労したことは何ですか?

今までとてもやさしかった元旦那が、人が変わったかのようになり、とても冷たくなりました。

それと会話するのもつらく、みるのもつらく、同じ空間にいることが辛かったです。

今まで好きで結婚した相手と、こんな形で争わなければならないということが辛く、また、私の親たちも、いままでかわいがって来てくれた分、辛いことをさせてしまっているというのが苦労しました。

また、こちらは離婚はしたくなかったのに、相手方から責められ、それに対応するのが辛かったです。

Q.離婚にあたって不安はありませんでした?

これからひとりになって、今後この辛い思いを忘れることができるような日がくるのか、とても不安でした。

また、当時は子供も欲しかったので、もし今後子供がほしいとおもっても、もう年齢的に難しくなってくるのではという不安がとにかく強かったです。

そして周りからも、離婚したという事が知れたらなんと思われるのか、それがとても不安でした。

SNSでも夫婦で出かけたことなどを投稿したり、友達にも話をしたりしていたので、離婚したと報告すること自体がとても不安でした。

離婚のショックから立ち直るために、離婚直後はたくさん遊んだ

女性 悩み 涙Q.離婚の中で最も大変だったことは何ですか?

私にとってとてもショックが大きかった出来事だったので、その出来事を忘れたい一心で遊びに行ったりしていました。

しかし、なにをしても虚しい気持ちになり、なかなかたちなおれませんでした。

お酒が元々強い方でもなかったので、よく記憶をなくすくらいまで飲んでたくさんの人に迷惑をかけたと思います。

そして離婚後は実家に帰ったのですが、実家でも息苦しさを感じ、なかなかリラックスできる場所がありませんでした。

家族は皆優しく受け入れてくれていたのですが、私自身が拒否をしているというか、距離を置きたいと思っていたようで、なかなかそれをもとに戻すのが大変でした。

Q.離婚前にしておけばよかったと思うことはありますか?

浮気が発覚したときに、証拠となるものをとっておけばよかったと思いました。

その時は許して結婚生活を続けようと思ったので、忘れようという意味で証拠をすべて消してしまっていたので、いざ離婚の話し合いになったときに、その証拠を相手側にみせればこちらが慰謝料を請求するなど、もっと有利に話を進められたのかなとも思います。

また、貯蓄はうまく名義をわけて行っていたので、私の分の取り分が多くとれたことは良かったことだと思います。

結婚生活時は、相手側の負債が多く、それを共通の財産で支払っていたので、貯蓄の名義を自分を多めにとっていたことは正解だったかなと今では思います。

Q.最後に離婚してよかったと思いますか?

当時は絶対離婚したくないと思っていましたが、今思えばあのまま結婚生活を送っていても、私は幸せには生きていけていなかったと思います。

離婚するとなったとき、元旦那から私にはもっといい人がいる と言われたのを、とても恨んでいましたが、今は本当にそうだと思っているので、あの時離婚を切り出してくれたことを感謝しています。

離婚という出来事がなければ、私も痛みを知ることは今もなかったと思うので、たくさんの人に迷惑や心配をかけたとは思いますが、良かったと思っています。