日本の離婚率は?離婚の原因は?データで見る国内の離婚事情

みなさんは、年間にどのくらいの数の夫婦が離婚しているかご存知ですか?

昔と違って離婚しやすくなって、離婚率は上がっているとよく耳にしたかもしれません。しかし、実際のところどうなのでしょうか。今回は日本の離婚について、データを見ながら紹介していきます。

離婚率は年々下がってきている

離婚率 日本

今回紹介する離婚率については、主に平成30年度の人口動態統計のデータを参考にしています。

まず離婚率は、

離婚率=1年間の離婚届出件数 ÷ 10月1日時点での日本の人口 ×1,000

で求められます。

平成30年度の離婚率は1.66と推定されています。具体的には、人口1000人当たりで離婚した人の割合が平均して1.66人ほどになるということです。

結婚と離婚の件数

まず、日本の結婚・離婚件数を見てみましょう。

こちらは、1955~2018年までの結婚件数および離婚件数の年次推移のグラフになります。

離婚 件数 年次推移

平成30年度の調査によると、日本で年間の結婚件数が59万0000組に対して、離婚件数は20万7000組でした。

結婚件数は、晩婚化や女性の社会進出もあって、減っているのが目に見えて分かりますよね。それにともなって離婚件数も減少傾向にあります。

年齢別の離婚件数

それでは、どの年代が離婚の決断する方が多いのでしょうか?

こちらは、夫と妻の年代別の離婚件数をもとにしたグラフです。

年代別 離婚件数 グラフ

 

どちらも30代での離婚件数の割合が1番多いですね。

初婚の平均年齢が女性が29.4歳、男性が31.1歳なので、結婚して5年未満で、価値観のズレなどが分かり、離婚を決断できるのかもしれません。

都道府県別の離婚率ランキング

日本の離婚率は1.66ですが、どこの都道府県が離婚率が高いのでしょうか?婚姻率と合わせてみてみましょう。

こちらは都道府県別の婚姻率、上位5つを上げた表です。

都道府県 婚姻率
東京 6.2
沖縄 5.5
愛知 5.3
福岡 5.0
大阪 5.1

都市部では、人口が密集している分、結婚する機会も多いのがうかがえますね。

こちらは都道府県別の離婚率、上位5つを上げた表です。

都道府県 離婚率
沖縄 2.53
福岡 1.91
北海道 1.90
大阪 1.88
和歌山 1.81

人口がそんなに多くない沖縄県が、婚姻率も離婚率も圧倒的に高いことが目に留まります。沖縄県では、結婚式が頻繁にあるということでご祝儀の相場金額も1万円だとか。

また、離婚率の高い地域では、ひとり親家庭への支援が潤っているのも、離婚がしやすい理由の一つなのかもしれません。

未成年の子どもがいる夫婦の離婚件数の推移

子どもの有無によって離婚件数には違いはでるのでしょうか?

こちらは、1955~2018年までの未成年の子どもがいる夫婦の離婚件数の推移のグラフになります。

離婚率 子どもの有無

子どもがいる家庭の方が離婚件数が多いことが分かります。

離婚時に子どもがいる場合、よく取り決めておかないと、面会時の連れ去りや、養育費の未払いなどのトラブルに巻き込まれることも。

子連れ離婚をする場合は、このようなトラブルを防ぐためにも、親権、面会交流、養育費についてきちんと話し合うことが大切です。

同居期間別にみた離婚件数の年次推移

結婚生活のどのくらいの長さで離婚を決断しているのでしょうか?

こちらは、1955~2018年までの同居期間別にみた離婚件数の年次推移のグラフになります。

離婚率 同居期間別 グラフ

前述した通り、男女ともに30代での離婚が一番多いので、初婚平均年齢の女性29.4歳、男性31.1歳から考えると5年未満が一番多いのは頷けますね。

5年未満で離婚する夫婦の割合が一番多いですが、年を追うごとに同居期間が20年以上と長い夫婦の離婚の割合が増えていることが分かります。

同居期間が長い夫婦の離婚率が増加の傾向にあるといえるでしょう。

高齢化によるライフプランの見直しがあったり、制度的にも年金分割制度の導入がされるなど、熟年離婚がしやすくなったのも原因としてあるのかもしれません。

離婚の理由ランキング、第1位は性格の不一致

ハート 離婚 別れ

今まで離婚率や離婚件数の推移を見てきましたが、夫婦にとって、何が離婚の理由になっているのでしょうか?

離婚の理由は、夫婦の数だけあり、千差万別です。裁判所の統計調査で、「離婚調停」を選択した夫婦の調停の申立て理由はデータとして分かるので、夫婦別の上位5つの離婚理由を紹介します。

性格の不一致 性格の不一致
生活費を渡さない 精神的虐待
精神的虐待 異性関係
暴力を振るう 家族親族と折り合いが悪い
異性関係 性の不一致

また、他にも「お酒を飲み過ぎる」「浪費する」などが理由として挙げられるそうです。

性格の不一致とは、「性格が合わない」「一緒にいるのが苦痛」など、その内容は多岐に渡りますが、法律上、性格の不一致を理由とした離婚は認められてはいないものでもあります。

というのも、夫婦双方の合意なしに離婚する場合は、裁判所を介して離婚を申し立てることになりますが、その場合、離婚の理由となる「離婚事由」のいずれか1つに当てはまらなければいけません。

離婚事由は以下の通りです。

  • 配偶者に不貞な行為があった時
  • 配偶者から悪意で遺棄された時
  • 配偶者の生死が3年以上明らかでない時
  • 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがない時
  • その他婚姻を継続し難い重大な事由がある時

パートナーがこれらのいずれかに該当する場合、夫婦双方の合意がなくとも弁護士や調停の場において離婚を主張することができます。

パートナーの離婚の合意が得られない場合は、裁判所には、性格の不一致ではなく、不倫などの不貞行為や、DVなどを立証する必要があるということですね。

精神的虐待とは、モラハラなどを指します。

モラハラとは、モラルハラスメントといって、精神的な嫌がらせを意味します。例えば、無視をしたり、暴言を吐いたり、または異常にパートナーを束縛することもモラハラにあたります。

また、異性関係つまり不倫などの不貞行為も離婚の理由の上位として挙がってきています。不貞行為を裁判所で立証する場合は、第三者からみても明白な証拠が必要になるので、準備が大変です。

慰謝料請求手続きについてはこちらをご覧ください。

離婚を考えたらどうすればいい?

女性 男性 喧嘩 呆れ

日本の離婚率は減少傾向にありますが、熟年離婚などの長い結婚生活にピリオドを打つ夫婦の割合が増加していることが分かりました。

それでは、実際に離婚を考えたらどうすればいいのでしょうか。

まずは、パートナーと話し合うことが大切ですよね。夫婦の関係の修復から、離婚の仕方まで紹介します。

まずは話し合い

離婚を考えるきっかけが夫婦二人の話し合いで解決できる場合は、きちんと向き合って話し合いましょう。

また、家庭裁判所以外にも精神医学や臨床心理学などを専門とするカウンセラーによるカウセリングや、飲酒・DV・借金など専門の相談窓口、各都道府県の福祉事務所など第三者への相談先は色々あります。

離婚への迷いがある場合は、一人で悩まずにこうした第三者機関へ相談してみると客観的に今の状況を考え直すきっかけになるかもしれませんね。

円満調停

夫婦二人だけの話し合いではお互い感情的になってしまい、落ち着いて問題に対処することが難しい場合もあります。

このような時には、一度冷静になり、話し合いができる場を作ることが大切です。

その方法の一つが、今回ご紹介する家庭裁判所による「円満調停」です。円満調停とは、第三者が入り話し合いをスムーズに行うことで夫婦の関係の修復を目指すものです。

協議離婚

離婚を決断したら、日本での離婚の仕方で一番多いのが、協議離婚。

協議離婚とは、夫婦二人で話し合って離婚をすることです。大まかな流れは以下の通りです。

  1. 離婚に合意
  2. 離婚条件の話し合い(養育費・慰謝料・財産分与など)
  3. 離婚協議書の作成
  4. 離婚届の提出

話し合いについては、取り決めることがいくつかあるのできちんと押さえましょう。また、話し合いで取り決めた内容は離婚協議書、公正証書など公的機関で利用できる文書を作成することも忘れずに。

調停離婚・裁判離婚

夫婦二人の話し合いだけでは、取り決めができなかった場合は、裁判所で第三者を介して話し合う、調停を行います。

調停の大まかな流れは以下の通りです。

  1. 申立書と必要書類を提出し、裁判所へ申立て
  2. 調停期日を知らせる封筒が届く
  3. 調停期日に裁判所へ行き、話し合い
  4. 「成立」「不成立」もしくは「取り下げ」で調停終了

調停でも、合意にならなかった場合は、不成立となり、裁判となります。

調停は1日で終わるものではなく1~3か月、長いときは半年または1年もかかる場合もあります。また、期間を要するのに加えて、裁判所に申し立てる場合は、必要書類があったり、申立て費用がかかるので、事前の準備が大切になります。